笑顔を見せてくれました。

b0311964_15092291.jpg

しとしと毎日続く雨。


寒くなりましたね。


今朝からガスストーブを点けてます。


あ~、そろそろ晴れてくれないかしら。


観葉植物の植え替えや、秋の種まき、球根の植え付けが出来なくて悲しい。


demo、唯一嬉しいことは…。


デンファレ(胡蝶蘭だと思っていた)の花が咲いたこと🎵


辺縁とリップがワインカラーのグリーンデンファレでした。

寒くなってきた窓の外を観ながら、彼女は静かに微笑んでいます。


[PR]
# by lapoussefloral | 2017-10-16 14:51 | La pousse の庭 | Comments(0)

ウォーミングアップ

b0311964_10145588.jpg


今日はいっきに気温が下がった横浜です。


やっと扇風機を掃除して、収納することが出来ました。


いままではクリスマス飾りを考えていても、扇風機をまわしアイスを食べながらとか…、全くしっくりきませんでしたが…。


いよいよクリスマスシーズン到来でしょうか?。


あっ、その前にハロウィーンがあるけれど💦


写真のスワッグは、昨日作りました。


実は、残っていた材料で作ったのですよ。


プリザーブドのヒムロ杉にボリュームがないのはそのせいです。


demo、星柄のリボンとスターアニスがドンピシャではないですか~🎵


これからリースも作るので、その予行練習です。


[PR]
# by lapoussefloral | 2017-10-13 15:30 | 創作 | Comments(0)

2017.10月フラワーアレンジメントの募集 part2

b0311964_13484834.jpg

コスモスの交差アレンジメント。


ピンクを入れたミックスカラーで作ってみました。


うん、こっちの方が良いかな~♪


足元には小菊や野ばらの実などを使いたいと思っています。


生花なのでお約束はできませんが…。


今回はアレンジする花よりも、お持ち帰りする花が多くなりそうです。


日 時:10月14日(土) 13:00~15:30

    10月19日(木) 13:00~15:30 (残席1)


詳細はこちらをご覧ください。


[PR]
# by lapoussefloral | 2017-10-09 14:15 | 花教室のスケジュール | Comments(0)

ミーコのこと。

b0311964_16372219.jpg
                            5年前のミーコ

今日は愛猫ミーコが旅立って一ヵ月。早いです。


demo、やっとミーコの事を書けるようになりました。


夏前から呼吸数が多いな~と気付き、7月の初めに動物病院へ受診しました。


肺に水が溜まっていることが解り、血液での心臓機能結果から、何時どうなっても仕方ない状態だと告げられました。


そこから二ヵ月、彼女は頑張ってくれました。


苦しそうにしながらも、サスケ(15才牡猫)と一緒に餌を食べ、サスケを目で追い、サスケに甘えるという、いつものミーコ。


11才とちょうど半年の命でした。




サスケの彼女になってもらいたいな~、とミーコを連れてきた私。


まだ生後43日目でした。


この時期は、夫婦がフルに仕事をしていたので、ミーコは日中サスケだけと過ごしていました。


サスケを親代わりに彼女は成長したのです。


オテンバで、私たちが抱っこしたり、撫でることを嫌いました。


demo寒がりだったので、ちゃっかり私の膝に自ら乗ってくることはありましたね。



ホント、わがままで気分屋のミーコ。



食いしん坊で、人が何か食べていると、いつもジーとその口元を見つめていました。


あるとき、花教室が終わって、生徒さんが口紅を取り出し、唇に塗っているのをガン見していたミーコ。


何を食べているのだろう。


きっとそんな風に思っていたのでしょうね(苦笑)




人が来ると、臆病なサスケは逃げるのですが、ミーコは堂々と人前にやってきました。


花教室を行う時には、二匹を二階に連れて行くのですが、いつの間にかミーコが花教室の輪に入ってきて、ちゃっかり椅子に座っていたことがありました。


このときは、皆さんが寛容な心で受け入れてくれて、ホント感謝感謝でした。



b0311964_17044231.jpg

飼い主の欲目でしょうが、美しい猫でした。


オリーブ色の瞳。しなやかな躰。気高い性質。


亡くなる日の朝まで餌を食べていた、生きようとする力。


いろいろな思い出があって書ききれませんが、強く気高く生きることを教えてもくれました。(猫から教えられることもあるのですよ)


そして、今でも彼女に会いたいと思います。


ホント、会いたいです。







[PR]
# by lapoussefloral | 2017-10-08 17:49 | | Comments(0)

NFD大賞2017への展示作品について



9月30日の午後からパシフィコ横浜で、花友に会う約束をしていたのですが、頭痛が出現。


かなり辛かったので、1時間程仮眠しようと、13時頃から横になりました。


外から子どもの声が聞こえてくるなど、熟眠感は無かったのですが、気付くともう16時(汗)


慌ててパシフィコ横浜へ。


到着したのは17時を過ぎてしまいました。


再会を喜ぶとともに、二人に謝り、食事の予約もしていたので、すぐに会場を出ようと促すと(私は次の日が作品撤去なので、鑑賞はその前にと決めていました)


花友のayumiさんが「作品の説明をして!」と、私の作品についての解説を求めてきました。


いや~、サスガです。


急いで自分の作品の前へ行き、コレコレシカジカと、お話しをしたのでした。


そういえば、ブログで作品のどんな所に気を配ったとか、力を入れたとかを書かなかったので、そのことを少し書きたいと思います。


フラワーフォール(花滝)と題したアーティフィシャルフラワーの作品は、皆に「こんなに大きいとは思わなかった」「豪華だね」「持ってくるの大変だったでしょう」など言われました。


新しくアーティフィシャルフラワー部門が出来たので、アーティフィシャルフラワーの特徴を生かした作品を作りたいと思いました。


軽くて持ち運びが楽なアーティフィシャルフラワーで、長いガーランドを数本作り、滝のように上から流したら迫力が出るだろうな~、と考え制作することに。


7つのパーツ(土台と6つのガーランド)に分かれるので、持ち運びはとても楽なのです。


しかし、一番大変だったのは土台。


約2㎏の土台を作りました。


ガーランド一本一本の重さも計り、ジョイントしても落ちてこないか、うまく土台に固定され続けるかを確認もしました。


枯れずに軽く、取り扱いが容易というアーティフィシャルフラワーの特徴を生かして、雑草のタンポポなども入れ(気付いた人居るかしら?)、とにかく大きな作品にしたかったのです。


制作途中にいろいろと新しい発見もあり、今後の作品に生かせそうです。


時間・アイディア・技術が必要なコンテストは、とても大変ですが、得るものも多いですね。


花友も刺激されたようで、「出品したいな~」と言ってました。


とにかく無事に終わってホッとしています。


花友にも会えたし、頭痛も無くなったし…。


b0311964_09083726.jpg










[PR]
# by lapoussefloral | 2017-10-04 22:10 | 花の勉強 | Comments(0)